ワイヤレスイヤホン2つ

 外出するとき、音楽プレーヤーにイヤホンを挿して使うのだがコードが煩わしい。そこで、iPod touchに使えるワイヤレスのイヤホンを探していた。
 条件としては、レシーバ部分とイヤホンが分離可能なものであること、レシーバ部分とイヤホンが一体になっていると、イヤホンが壊れただけでも全部を買い直さないといけない。
 そんな中、まず購入したのがソニーのMW600。確か2010年の11月頃に購入したと記憶している。

SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き  ブラック MW600/B SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B

ソニー 2010-05-21
売り上げランキング : 107

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 MW600の特徴としては

  • FMラジオが受信できる
  • イヤホンが付属している

というのがある。FMラジオ機能は使ったことがないのだが、ワイヤレスイヤホンとして充分に役割を果たしてくれた。シャツの襟にMW600のクリップ部を留めて使用していた。

 だかしかし、先日MW600のクリップ部が壊れてしまった。つまり、襟に留めることができなくなってしまったのである。バネが飛んでクリップ部が破損してしまった。ワイヤレスイヤホンとしての機能は一切損なわれていないだけに非常にショックだった。

 クリップ部分をなんとか修繕できないものかとも思ったが、結局MW600に代わるものを購入することにした。そこで購入したのがこれ

audio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー AT-PHA05BT audio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー AT-PHA05BT

オーディオテクニカ 2011-11-18
売り上げランキング : 308

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 そして、AT-PHA05BTの特徴としては

  • MW600に比べて本体が大きい&重い
  • イヤホンは付属してないので自分で準備する必要がある
  • FMラジオが受信できない

というのがある。

 しばらくAT-PHA05BTを使ってみたのだが、たまにノイズが入ることがある。MW600はノイズが入ることがなかったので驚いた。また、これはMW600に比べて大きくて重いので、MW600の時と同じようにまたクリップ部分が壊れるのかもしれない。

 ともかく、AT-PHA05BTを今後使っていこう。

 そして、今回イヤホンも購入した。

audio-technica LOOP SUPPORT インナーイヤーヘッドホン ショートコード ホワイト ATH-CK505S WH audio-technica LOOP SUPPORT インナーイヤーヘッドホン ショートコード ホワイト ATH-CK505S WH

オーディオテクニカ 2012-07-13
売り上げランキング : 38413

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「ワイヤレスイヤホン2つ」への2件のフィードバック

  1. メーカー修理とか出来ないもんですかね?

    まぁ、良い機会として新しいの買ってみたかった
    とかですか?(´ー`)

  2. 一年以上経っているので、まあ他のも試してみようかなあ、といった感じですね。
    メーカーに問い合わせするだけでもすればよかったかな、という気もしないでもないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 13 =