AIのそれっぽさ

 筆者はAIの専門家ではありません、素人です。ここに書いたことはテキトーなので間違えたことを平気で書きます。

 ChatGPTが衝撃を持って知られた時にそれを触りつつ思ったことを書く。

 ChatGPTのことは忘れて、まずは、すべての問いかけに「はい」と答えるAIを考える(それがAIと呼べるかどうかは措いておく)。何を問いかけても「はい」としか言わないけど、時たま「おおっ!すげえ受け答え!」と思う時もある。

 続いて、すべての問いかけに「はい」「いいえ」をランダムに答えるAIを考える。すると前述のAIに比べて「おおっ!すげえ受け答え」と思う頻度は増える。

 さらに、問いかけに含まれる単語に応じて定型的なフレーズを答えるAIを考える。すると更に「おおっ!すげえ受け答え」と思う頻度が更に増える。

 このような流れで考えると、ChatGPTというものは「20世紀の人工無脳や、それ以降に出てきたワードサラダがもっと更に凄くなったもの、それらの延長線上にあるもの」と考えることができる。

 もちろん、これは大変すごいものなのだけど、「スゲーそれっぽいもの」とも言える。ChatGPTは、元ネタの情報量の膨大さと、処理能力の凄さを駆使した結果「スゲーそれっぽいもの」ができた、とも言えるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

one × 5 =