台湾旅行出国入境篇

 今回は旅行代理店のツアーで行った。空港からホテル間の往復とホテルのチェックインは現地の添乗員に付き添って貰い、それ以外は終日自由行動というプラン。
 空港に行き、旅行代理店の窓口で日程表+パスポートを提示して、行きのチケット+帰りのチケット情報の書かれた紙を受け取る。次に国際線チェックインカウンターの航空会社の窓口に行き、パスポートとチケットを提示し、旅行ケースを預けて控えの半券(BAGGAGE CLAIM TAG)をもらう。チェックインは遅くとも出発時刻の90分前までに。
 国際線出発口を入り、セキュリティチェックを受け、パスポートとチケットを提示し出国審査を受ける。その後はビジネスコーナーの無料インターネットPCや軽食店で時間を潰す。出発30分前に搭乗口へ向かい、飛行機に乗り込む。
 今回搭乗した飛行機はエバー航空。機内食でビールが選べる。映画を観たりゲームをしたりして過ごす。フライト時間は2時間30分程度。入境登記表は事前に旅行会社に頼んで書いて貰っていた(有料)が、機内で用紙を受け取りその場で書くこともできる。記入はボールペン使用。
 桃園国際空港に到着。飛行機を降りたら空港建物の2階に出る。「入境」という文字を含む案内掲示に沿って進む。検疫はスルー。入境審査は台湾人用と外国人用で窓口が別れている(日本と同じ)ので注意。パスポートと入境登記表を提示。入境審査を受けたら1階に降り、荷物を受け取る。台湾に持ち込んではいけないものを捜査するために職員が犬を連れていた。税関審査台のある出口を通って外に出る。預けた荷物の控えの半券(BAGGAGE CLAIM TAG)は回収されなかった。

 税関審査台を出てすぐのところ(と入境審査に行く前)に台湾銀行の両替所があるのでそこで日本円を台湾ドルに両替する。両替時の控えは出境時の再両替に必要となることがあるらしい。因みに、日本で両替するよりはここで両替したほうがいい。というか日本国内(日本の空港内含む)の台湾ドルへの両替はぼったくり過ぎ。
 空港ロビーで現地ガイドの人と合流。タクシー(?)で空港から台北市内のホテルへ移動。タクシーで移動中に、両替済ませたかどうか聞かれる。事前にネットで見た話では、ガイドさん経由でも両替ができるらしいのだが、どの程度のレートでどのように両替するかは不明。台湾の紹介と注意事項、ガイドさんの連絡先と帰りの待ち合わせ場所・時間について説明を受ける。建物はおおむね古く密集しており、街全体が雑然とした印象。途中でビンロウ売りの女性が待機している小屋を見かける。
 40~50分かけて、夕方に台北市内のホテルに到着。ガイドさん経由でチェックイン。パスポートを提示。チェックイン後ガイドさんと別れ、ホテル従業員に部屋へ案内される。今回のツアーは、出発35日前以前に申し込んだのでホテルの部屋のグレードがアップするという旅行代理店のふれこみだったが、このホテルの大部分は一番安いグレードの部屋で占められており、実際一番安いグレードの部屋だった。まあこのホテルは設備の新旧や善し悪しにバラつきがあるらしいのだが。私にあてがわれた部屋はよく整備されており清潔だったのだが、窓からの眺めは最悪(というかビルの裏側)だったので終始窓とカーテンを閉め切って過ごした。部屋に一応セーフティーボックス(無料)が付いている部屋だったが、このボックスはその気になれば持ち上げられる程度の大きさで不安をおぼえる。

 荷物を置いて、少額の現金を持って外出。考えてみれば、海外旅行自体が二回目で、しかも一人で海外に行くのは初めてなのでかなり恐かった。まずは、MRTやバスに乗るのに便利な悠遊カードを購入。次に大衆唱片というCDショップへ行く。CDタイトルが書いてある紙を見せてCDがあるか英語で問い合わせるが、ちょっとでも古いCDは置いてなかった。結局置いてあった最新の1枚だけ購入。その後持ち帰りもできる食堂(?)へ行きチャーハンを買って、コンビニで台湾のビールを買ってホテルに引き返す。この日は台風が接近していたので予定していた士林夜市にはいかず、ホテル付近をうろつくのみにとどめ夜は部屋で大人しく休む。
 日が暮れるにつれて雨が降り出してくる。テレビのニュースによれば台風は次の日の早朝に台北付近を通り過ぎる模様。
 そういえば夜0時くらいに寝ている時、部屋の電話が鳴っていたように記憶している(目が覚めてあーなんだろうと思っていたら切れた)んだがあれは何だったのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 5 =