「メインの森をめざして」加藤則芳

 アメリカ東海岸の3500kmくらいあるトレイルを歩き通した記録。トレイルを歩く中で出会った人たちや、トレイルを歩く人を助ける「トレイル・エンジェル」と呼ばれる人たちとの交流、歩く中での著者の思索やもろもろの喜怒哀楽を綴った本。
 著者がハードな行程を歩ききって、途中で出会い同様にハードな行程を歩ききった海外のハイカーが体重が減った一方で、著者自身はアメリカのヘビーな食料事情により逆に体重が増えた、という旨の記述が印象に残った。

メインの森をめざして-アパラチアン・トレイル3500キロを歩く メインの森をめざして-アパラチアン・トレイル3500キロを歩く
加藤 則芳

平凡社 2011-07-09
売り上げランキング : 102118

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 10 =